今日もアートスクール

京都アートスクールの4校(京都駅前七条校、京都 北大路駅前校、滋賀 彦根駅前校、NET通信実技センター)の日々を随時更新。
19 October

京芸模試、金美模試申込受付中です

こんにちは。

事務局のカネコです。

本日は一段と冷え込む気温になりました。

行き交う人々もマスクの人が増えている気がします。
生徒さんたちも何人か風邪でダウンしているようです。

寒いですが、こまめな換気も重要です。
調節のできる服装で通学をお願いします。

さて、本日は冬期・直前中に行われる京芸模試・金美模試のご案内です。

京都市立芸術大学 実践実技模試

冬期は12月末、直前は2月初旬に行われます。
毎年100名以上の方が参加され、本番さながらの緊張感で挑むことができます。

 

金沢美術工芸大学 実戦実技模試

七条校、北大路校にて、専攻ごとに分かれての受験です。
既に申込済の方は、受講教室を確認し、間違えないようお願いいたします。

また、22日は、他専攻の講評を聴くことも可能です。
自分の作品だけでなく、他生徒さんの良い点、改善点を聴くことも強くお勧めします。



また、模試と冬期・直前講習がセットになったお得なプランもございます。
詳しくは下記リンクよりご確認いただけます。
 

北大路校様子
SP・ST生立体の授業風景。
先日の動物園での実習を生かして動物を立体で表現する課題です。
なんの動物になるのでしょうか・・・

18 October

STSP動物園実習 報告

実技講師の上杉です。
昨日10月17日(水)、京都市動物園にてSTSP校外学習を行いました。
毎年恒例の授業です。



    

「予め用意した作品を作るのではない。『意図的・主体的・実感的』な作品を作ってほしい。」
夏のOCにて、京都芸大からのメッセージがありました。
おそらくすべての芸大・美大の入試に於いて、求められている姿勢であると思います。

実際に動物園に足を運んで、1日動物のスケッチを行った上で制作する課題。
この課題が、今後の制作の手掛かりになってほしいと思います。


動物園実習の最後は、生徒達から、我らが原田先生へのささやかな誕生日祝い。
大きくなりました。


上杉

16 October

講習申し込み受付中です!

こんにちは。
事務局よりナカヤマです。

冬期直前講習の申込が続々と来ております!
早期申込期日まではまだ日はありますが、検討中の方はぜひこの機会ひ逃さないようにしてくださいね!
◆冬期講習 早期申込割引期日◆
・高校3年生以上…2018年 11/18(日)まで
・高校2年生以下+社会人の方(E・F・G受講生)…2018年 12/2(金)まで
冬期講習期間中、11/14(水)~12/4(火)で入試がある方は、各大学の結果発表後に申込期日を設定しています。
 HP・パンフレットにも記載がありますので
そちらもご確認ください。
◆直前講習 早期申込割引期日◆
・高校3年生以上(A~D受講生)…2018年 12/14(金)まで
・中学3年生の受験生(E受講生)…2018年 12/21(金)まで


↓詳細はこちら↓
 
↓遠方の方は、宿泊セットもぜひ検討ください!↓

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
本日の北大路校の課題は色彩でした。
みなさんしっかりメモを取りながら講評を聞いていました。

北大路校は少人数ですが、自分の講評だけでなく、同じ志望校の他の生徒の講評も聞くこともできるのでとても勉強になりますね。

14 October

立体課題

こんにちは
はらだです

今日は七条校にいます。
僕が七条にいるときは立体課題が行われていることが多いです。

京芸クラスは立体課題
京芸補強も立体課題



この時期になると様々なタイプの立体作品がでてくるようになります。
今年も基礎的な立体造形から徐々に開放された独創的な作品が出現しつつあります。

独創的な立体…
何でもありというわけではない。

まずは理論を知り、
実践してみて、
ある時その理論に窮屈さを感じ、
それぞれの美的感覚を基に学んだ理論から
造形美を自分の中で再構築する。

今まさにこの再構築の時期

悩むことも多いと思います

煮詰まってきたら、相談してください。

はらだ
13 October

秋になりました。

こんにちは片岡です。

つい先週まで真夏のような暑さだったのに、今週からはすっかり秋のようで、体調管理には充分気を付けましょう。ところで秋と言えば芸術の秋ということで映画の紹介をしてみます。
先日七条校の講評で少し話しました『マルメロの陽光』について、他の教室の生徒にもお知らせしたいので少し書きます。
『マルメロの陽光』とは、ビクトル・エリセ監督のドキュメンタリー映画です。
内容はスペインの画家であるアントニオ・ロペス・ガルシアが自宅アトリエの庭にあるマルメロの木を描いているというストーリーです。あまり内容を言ってしまうと面白くないので簡単に説明するとそんな感じです。


私はこの映画を浪人生だったころに、たしか渋谷かどこかの映画館で同じく浪人生だった友達と観ました。私たち浪人生の間ではリアリズムの作家として人気だったのがロペスとワイエスで、どちらかというとロペスの方が玄人好みだった気がします。そんな美大受験生に大人気のロペスの映画ということで観に行ったわけですが、とにかく何と言っていいか良い映画なんです。
実はこの映画、DVDが出ていたのですが、日本語字幕版はかなり前に絶版になり、結構なプレミア価格がついていまして簡単に見ることができない状態でした。
それがなんと現在youtubeで無料で見れるようです。
興味のある受験生は是非見てみてください!結構長い映画ですがお勧めです。
片岡