今日もアートスクール

京都アートスクールの4校(京都駅前七条校、京都 北大路駅前校、滋賀 彦根駅前校、NET通信実技センター)の日々を随時更新。
01 October

10月の大事さ。

こんにちは。
実技講師の上杉です。

怒涛の夏期講習を終え、後期・2学期がスタートし、早く1ヶ月が過ぎました。
10月に入りました。

秋の特講の様子


「京芸補強」や「実戦対策講座」で連日連夜、志望校に向けた対策が行われています。

10月は一番、時間の使い方が問われる時期です。
時間がある分、間延びした日々を送ってしまう恐れがあります。
実技対策、学科対策のスケジュールをしっかりと立て、取り組みましょう。

1年間の受験対策の中で、10月の役割は大きいと考えています。


上杉

29 September

お知らせ

こんにちは。サカグチです。

京都アートスクールでは、
通常授業期間中、無料体験授業を受講することが可能です。
詳しくはこちら⇒■■■

とはいえ、通学生 にまじってデッサンをするのは……。と考える初心者の方もいるはず。
そんなあなたにおススメなのが、無料デッサン講座です。

多くの初心者の方が受講する講座です。
肩の力をぬいて、新しいことを発見する気持ちで来てください。

10/9(月・祝)体育の日。申込受付中。

26 September

作家研究

こんにちは。
彦根校から武田です。

今日からセンターの願書提出が始まりました。
10/6(金)までなので、時間を作って必ず漏れのないようにしましょう。

さて、後期・2学期が始まって約1か月経ちました。
後期といえば、ask恒例のちょっと面白い課題がいくつもあります。
そのうちの一つ、「作家研究」!

ただの模写ではなく、模写+自画像というちょっと変わった課題です。
昨年の作例ちょっとだけ紹介~。


去年のブログでも各先生たちからおススメの作家を紹介していました。
↓是非読んでみてください。
■■去年のブログ■■

またおすすめなのが、Google Arts & Culture。
検索すると出てきますが、実はスマホアプリもあります。
世界中の様々な名画をかなり拡大して見ることができます。
筆跡、透けて見える下地の色、ひび割れまで…!

まだどの作家にするか迷っている人は是非参考にしてください。

授業当日に「忘れました~」「考えてません~」ということのないように注意してくださいね…!
25 September

人物デッサン

こんにちは北大路校から片岡です。

京都アートスクール 後期第4週目の今日からST・SP生(高卒生クラス)は人物デッサンを制作しています。

自画像と友人の頭部を粘土で制作する課題は前期にありましたが、人物デッサンは初めての生徒も多くいました。改めて考えてみると受験対策として制作するデッサン課題の中でモチーフの大きさ的には人物モデルは最大級に大きいのではないでしょうか。そして最高に複雑なモチーフといえます。
更に対象が静物ではないので動きます。もちろんモデルさんは精一杯動かないようにポーズをとってくれますが、それでも動きます。人間らしく自然に捉えるには普段の静物デッサンのような形の捉え方だけではなく、動くモチーフを描いているという意識が必要なのではないでしょうか。